夜勤専従看護師−転職後のイメージをはっきりと

看護師の業界は転職を考える方が多い業界です。転職理由には様々なものがありますが、看護師としてよりキャリア アップを目指したいという方や、収入を上げたいという方もいます。

そうした方の中でも、転職で成功し、満足している方と、転職したけれど後悔しているという、転職に失敗する方もいます。そうした方はどのような違いがあるかと言うと転職の前後での違いをきちんと考えられていなかったという事がポイントとしてあります。
夜勤専従看護師のよい求人先は?

転職前にまず考えておかないといけないのは、自分が本当はどういった事を望んでいるのかという事です。収入を上げた い、キャリアアップしたいという言葉は、一見前向きな、仕事に積極的な姿勢を表しているようにも聞こえますが、どこ か漠然とした印象も受けると思います。

本当はどのような道を目指したいのか、収入を上げたいと言っても、今の仕事 内容のまま他の職場に転職して収入を上げたいのかなど、明確に考える事が必要なのです。

転職後にどうなっていたいのかというイメージを膨らませて、その理想のイメージを紙に書き出してみる事をお勧めしま す。沢山書き出していると、自分の希望も明確になってきて、それを満たすような求人に応募すれば失敗する事がなく なります。

安易に収入の額面などだけで判断していると、その他の条件面を見過ごしている事になるため、本当は心の 中にある希望が満たされず、徐々に不満を感じてしまうようになるのです。

看護師専用の転職サイトの利用以外に夜勤専従の看護師求人を探す方法としては、看護師として働いている友人や知人に、夜勤のみで勤務可能な病院を紹介してもらうといったこともあります。

書き出してない方は、頭の中でしっかり考えられている方大丈夫と思われる かもしれませんが、実は中々出来ていないというのが実際の所です。しっかりと書き出す事をお勧めします。

添乗看護師のアルバイトとは

看護師さんの単発アルバイトは様々です。イベント会場での待機看護師や、入試会場での待機看護師、そして、旅行添乗看護師もまた、看護師さんのアルバイトの中で人気の求人となります。季節によって求人が増える看護師アルバイトというのはいくつか存在しますが、旅行添乗看護師も同様のアルバイト求人です。

さて、旅行求人看護師のお仕事はどのような旅行がメインになるかというと、やはり学生の団体旅行だといえます。

修学旅行や林間学校、また移動学習などに付き添い看護業務を行うのが添乗看護師の仕事となりますので、子供が好きな看護師さんには向いているお仕事といえます。

また様々な土地へと仕事といえども移動することになりますので、旅行好きな看護師さんにもお勧めできるアルバイトだと考えていいでしょう。

学生の団体旅行のほかには、会社の研修旅行や、町内会などの地域の団体旅行などの添乗看護師のアルバイト求人もありますし、中にはスポーツチームの遠征や合宿などに付き添うアルバイトもあると聞きます。

添乗看護師のメイン業務は、付き添っている団体やチームの健康マネージメントです。ただし、もしも参加者の具合が悪くなったり、怪我をしてしまったときなどは、看護や手当てを行います。

旅行や研修に参加する人たちが健康で過ごせる事がベストですが、特に学生さんたちの中には持病持ちのお子さんも存在するわけです。

喘息や貧血もちの学生さんもいるでしょうし、旅行中に突然発熱してしまう参加者もいるかもしれません。突発的なトラブルで怪我をしてしまう事だってあるのです。

添乗看護師というのはひとりで参加することになっているため、緊急時の対応は自分の判断だけが頼りになります。ベストな対応を選択し、すばやく実行に移せる能力が必要です。そうなるとやはり新米看護師さんでは少々荷が重過ぎるかもしれませんね。

少なくても三年程度の経験を持っていたほうが安心できますし、外来外科や緊急外来などの科目で勤務したことのある看護師さんが向いているアルバイトだといわれています。また、教師や関係者とスムーズな関係を築くためにも、コミュニケーションが得意な方がいいかもしれません。

上記のような添乗看護師の求人を探す際には、人材紹介会社へのエントリーがオススメです。人気が集中しやすいアルバイトのため、上手に人材紹介会社を利用して下さい。

企業で働く看護師とは

看護師という職業を思い浮かべたとき、ほとんどの人が病院で働く看護師さんを思い浮かべるのではないでしょうか。実は、看護師さんの中には企業で活躍する看護師さんも存在します。

ですが、企業で勤務する看護師さんと医療施設で働く看護師さんとではだいぶ業務内容が異なりますし、それ以前に職場の雰囲気も、働き方も何もかも違うようです。

就職のための面接を受けるまでも全く異なりますので、転職を考えている看護師さんなどは戸惑ってしまうことも多いかもしれません。

看護師さんが企業に就職するメリットとはどのような事があるのかというと、その前に、比べやすくするために先に病院で勤務することを考えてみましょう。

病院を職場にする事で生まれる良いことというのは、「転職しやすいこと」「患者さんと直接触れ合う事が可能なこと」といったことでしょうか。反対に、残念なことというと、「残業が多く、日勤だけでなく夜勤もあり、スタミナが必要」「女性がほとんどの仕事のため人間関係にトラブルが生まれやすい」等が挙げられるようです。

それでは企業はどうかというと、「残業がそれほど多くなく、夜勤もない。規則正しい生活が送れる」「仕事内容が体力的にきつくない」「努力次第でキャリアアップや、報酬アップが期待できる」「専門性の高い業務が多く遣り甲斐がある」等が長所といえます。

ご家庭と仕事の両立を目指している看護師さんにとっては、企業で働くことのメリットは大きいです。また、ゆったりとした職場に勤務したいという看護師さんにも向いている働き方に感じます。

では企業で働くことでの残念なことはというと、「病院に転職するのがメンタル的にもスキル的にも難しい」「患者さんと触れ合う機会がゼロ」といったことが挙げられるようです。

ところで、もしも企業が設置している医務室を職場とする産業看護師になった場合は、自分ひとりの判断が必要となってきます。企業を職場にするということは、大勢いる社員たちを、数少ない看護師が応対するということです。

病院であればたくさんの仲間もいますし、医師ももちろんいますが、企業看護師の場合は近くに医師はいないため、自分ひとりで判断を下し、ケアや業務をこなす必要があります。そのためにはある程度の経験と、幅広い知識が求められるのです。

また、最近ではストレスを抱えている社員が多いため、企業で働く看護師は、メンタルヘルスケア部分でも必要とされる場面は少なくありません。今まで積み重ねてきた経験や知識だけではなく、メンタル部分の勉強を行うこともこれからの産業看護師には大切なこととなってきそうです。

突然の病気や大怪我などをしてしまった社員たちへの的確な判断と処置ができること、新たな分野でのアドバイスを行える事が、企業で働く看護師には必要となってくるでしょう。

ページの先頭へ